【黒い砂漠モバイル】12/7韓国版ユーザ感謝祭の発表内容

お疲れ様です。
韓国版黒い砂漠モバイルのユーザ感謝祭の記事を見つけたので翻訳し、気になるところをまとめてみようかと思います。

元の記事は下記URLです。
http://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=231178&site=blackm

以下の日付等はすべて韓国版での話なのお間違えの無いようお願いしますね。

シャイ実装は12/24

PC版と比べて火力はあるらしい。

太陽の戦場は12/17アップデート予定。

50vs50でバレンシア軍とカルフェオン軍を選択して参加するらしい。

大砂漠のワールドボス古代クツムが2020年1月中 実装

なかなか見つけることができないみたい?
特殊なアイテムを手に入れて会いに行く系かもしれない。

政治システム 2020年上半期実装予定

ユーザーが議会をつくり、方向性を決めるみたい。
各ランキングのランカーが議員を務め、戦闘報酬の向上や、生活保障の強化などを決定することができるらしい。

海洋システム2020年夏実装予定

探索と島々の管理ができるような機能を持たせるらしいです。
グラフィックに自信があるみたいで期待。

ラモー戦場改修

ギルドの代表同士がギルドの威信をかけて戦うトーナメントみたいな形に再編される…らしい。

以下はユーザからのQAです。

Q.今後のアップデートの方向性は?

A.これまで育てた職を利用できるようにする。また、日課を軽減させようと思っている。
 例えば、ワールド経営の自動突入など
 ※早瀬には自動突入の詳細はよくわからないです。

Q.ハドゥム行くための光の聖水が足りない

A.配布などでゲーム内で適切に入手できるようにする。

Q.新規や復帰ユーザへのサポートが必要だと思う

A.知識レベルや討伐レベルなどが追い付きにくいものだと認識している。
 ユーザの意見などを聞きながら解決していく。

Q.最初は「やらない」と言ってたが、実際にはやっているものがある。

A.課金装備とかのことだと認識している。
 一度リニューアルし、店をきれいにして必須の課金アイテムは常に最小限となるようにする。

Q.課金アイテムは確率公表しているが、それ以外はしていない。覚醒突破の確立はちゃんと機能しているのか?

A.機能している。ユーザによって調整されていることもない。

Q.メンテの日時が毎回違って混乱するんだが?

A.ストアへの配置などパールアビスでコントロールできないものがあるが、問題としては認識しているため改善策を模索中。

Q.毎週のアップデート内容多くない?

A.開発側からの提案なども取り入れており、情報量が多くなってしまっている。

Q.黒い砂漠はeスポーツにもなる?

A.ラモー戦場やギルド戦での実施はできると思うが、まずは黒い砂漠モバイルにはeスポーツが必要だと感じれるほど作りこむのが先。

Q.PCゲーム用のランチャーからプレイできるようにする予定はないか?

黒い砂漠モバイルはモバイルゲームなのでモバイル最適化が最優先。

Q.大砂漠で手に入るアイテムの重量が重くてカバンがすぐ一杯になる。

A.来週のアプデで30%くらいの重量削減をする。

Q.パール商店に検索機能くれ。

A.内部で検討して早めに実装する。

Q.他サーバーの人とも戦える観戦可能な親善闘技場は作らないか?

A.観戦機能は作ってみようと思う。他はスケジュール次第。

Q.今までの開発で一番難しかったのは?

A.まだ実装できていないが、ハドゥムから領地へ行き、戻ったときにハドゥムへ戻れる機能である。いまだ解決方法が分かっておらず議論をしている。
 クエストの自動進行については多くの停止してしまうポイントがあるが、ケースが多いため対応しきれていないためご了承ください。

Q.今後のワールド経営の方針が気になる。

A.来週5等級馬車を実装する。大砂漠実装以降も多くの時間を使う必要があるものがある。
 ワールド経営の時間を減らし、効率的にゲームを楽しめるようにする。
 例として、1回で終わるようにする。

Q.覚醒や継承が実装されていないキャラクターの方針が気になる。

A.モバイル版に十分なリソースがなく実装できていない。
 良いビューができるまで待機状態である。準備ができたら素敵なものをお見せする。

Q.視野が狭いため広げてほしい

A.視野を広げることで端末が発熱するかもしれない。最適化をして、より良い視野を提供できるようにする。

Q.日課がしんどい、ホットタイムなど時間が決まっているものは、ほかの事をしないといけない人には楽しくない。代わりにバフアイテムの配布とかにならないか。

A.指摘の通り、一部の人には厳しいものとなっている。コンテンツを改変して日課と感じないようにする。

Q.バランス調整の基準が気になる。

A.キャラクターの個性を消さないように注意している。キャラクターが多いため調整が遅くなり申し訳ない。

Q.拠点戦?を2ギルド使って占領しているところがある

A.システムの抜け穴を利用しているのであり、悪用しているわけではない。抜け穴を作った私たちの責任であり、抜け穴を塞ぐ準備をしている。

Q.黒い砂漠モバイルの究極の目標は?

黒い砂漠モバイルもいつか飽きる日が来るかもしれないが、他のゲームをやってるときに振り返り、「黒い砂漠モバイルほどのゲームはないな」と帰ってきてもらえるゲームになりたい。

個人的にはワールド経営の5世代馬車が気になります。
時短の方向にもっていく方針だと思うので、更に積める重量を増加し消費食料は増える方向なのだろうか。
そうであればさらに貿易品の比重が多くなり利益も多くなるので非常にうれしい!

以上です。

【黒い砂漠モバイル】ワールド経営学①序論

ブログを移転しました。

移転先は下記になりますので、お手数ですがブックマーク等の変更をよろしくお願いします!

また、ワールド経営に関する記事は新しいブログの方で加筆訂正しているので是非移動後読んでいただければ幸いです。

https://game-blog.work/

ワールド経営のメリット・デメリット

得られるもの

  • 大量のシルバー
  • 多くの材料(草・木材・鉱石)
  • ブラックパール(準備に時間がかかる)
  • 討伐推薦書や石板

失うもの

  • 時間

簡単に言うと時間を対価に大量のシルバーとその他役に立つものを手に入れるコンテンツです。

フィールドでの狩りでは獲得しづらい討伐推薦書や石板が手に入るほか、イベントや課金などでしか手に入らないブラックパールが手に入るのが大きなメリットです。

ワールド経営の稼ぎ方

シルバーの稼ぎ方

ワールド経営は馬車でいろいろな村を回り特産品や貿易品を転売することで利益を出して稼ぐコンテンツです。

貿易品と特産品の特徴を簡単に説明します。

特産品

各村に1種類ずつ購入でき、購入した村以外で売却することができます。
特産品は購入した村から遠い村ほど高く売ることができます。
近い村だと購入金額より売却金額が安くなるため損してしまいますが、遠くい村だと4倍近くの値段で売ることができます。

貿易品

各村で3種類ずつ購入でき、ワールド経営開始時にランダムで設定された村で売却することができます。
特産品と異なり、購入した村と売却する村の距離は関係なく、大体2割増しの値段で売ることができます。
※貿易品は絶対に赤字になりません。

稼ぎたいなら貿易品を中心に売買しましょう。

Q.特産品を遠くまで運んだら4倍近くで売れるし特産品の方が稼げるんじゃないの?
A.特産品は重いため馬車にたくさん積めないため、開始地点で特産品を買って途中の街で売買をせずに終了地点で売るといった手段よりも、
 開始地点から途中の街で貿易品を売買しながら終了地点ぬ向かう方が、利益が出ます。

例として、開始地点で1000シルバーで買った特産品を終了地点で5000シルバーで売った場合、利益は4000シルバーですが、
5000シルバーで買った貿易品を6000シルバーで売るのを開始地点から終了地点に向かう途中の村で5回できれば利益が5000シルバーとなるのです。

貿易品の買い方

貿易品は各村で3種類買うことができ、平均4.5種類売ることができるため、売れるものを全て売ってから買える貿易品を全て買って問題ありません。

貿易品の数量調整について

買い方に書いた方法でワールド経営をすると、終了時点で貿易品の数に偏りが出ることがあります。その時は4世代馬車の場合はそれぞれ800個、それ以外の世代の馬車は200個を超えた分は馬車から下ろして倉庫にでも保管しましょう。

逆に800個または200個を下回る貿易品が合った場合は、倉庫から出して馬車に積みましょう。

なるべく多くの種類を満遍なく馬車に積んでおくことが重要です。

これを守ればとりあえず赤字を連発することは無いと思います。

シルバー以外の稼ぎかた

ワールド経営では村と村の間を移動する際、マップ上に点在するイベントを消化することができ、報酬として材料各種や、宝箱を手に入れることができます。

宝箱からはシルバーや黒いオーラ、討伐推薦書やブラックパールを入手することができます。

また、各村で特需品という名でブラックパールや材料各種を売っていることがあるため、そこからも稼ぐことが可能です。

次回以降は上で出てきた数字の根拠とかを説明しようと思ってます。

以上です。

【黒い砂漠モバイル】予習:韓国版ハドゥム実装アップデート内容

お疲れ様です。
ハドゥムの領域の実装が迫ってきましたね。

予習も兼ねて韓国版でハドゥムの領域が実装された日のアップデート内容を、
紹介しようと思います。

ハドゥムの設定

光の世界「エリアン」(現在日本に実装されてる世界)
に対して、闇の神の支配する混沌の世界「ハドゥム」が存在する。

ハドゥムの領域にいるには、光の加護が必要です。
闇にとらわれて強くなったモンスターは冒険者を狙ってるので、
常に緊張感をもって退治してくださいね。

ってことみたいです。

まぁプレイヤーからしたら正しい意味での裏世界に行ったら強いモンスターがいるから、いつものように退治するだけだと思うけど。

サービス開始からある程度の時間が過ぎたゲームによくある、
マップやエネミーの流用……?

光の加護

知ってる人も多いと思われる、ハドゥムの領域にいるために必要な光の加護。

光原石を使用して光の聖水を作成し、使用することでハドゥムの時間に滞在できる時間が伸びます。

イメージ的には車に対するガソリンみたいな感じですかね。
ガソリンが切れるまでは動き続けれる感じ。
※勇猛や古代遺跡みたいな入場券方式は採用していないようです。

ハドゥムの知識

ハドゥムの領域にいる雑魚モンスターも、知識にレベルがあります。
討伐ボスのように知識レベルを上げるごとにステータスが上がるものとなっています。

討伐ボスの知識と同様に進めてるか否かで時間でしか解決できない(追いつけないかもしれない)戦闘力の差が出てきそうなコンテンツになってます。

バランスの石

見た目が光原石っぽい

バランスの石で得た能力値は家門全体に反映されると書いてるので
記章みたいなもんだと認識しておけば大体あってると思います。
レベル50毎になんか副効果みたいなのあるけど読めません!

そのほか

経験の書というアイテムがハドゥムのモンスターから入手できるようになる。
使うことで、大量の経験値を獲得できるらしい。

闇の精霊依頼はハドゥム用の依頼が追加されます。
今の精霊依頼とは違い、ハドゥムの精霊依頼は1日1回受けることができます。

オロ円の店…正しい翻訳がわからないけど、ワールドボスの破片の購入が、
イベントショップからNPCに変更され、各村に配置されるみたいです。
各ワールドボスの破片を1日1個ずつ購入できるみたいです。

(おまけ)栄光の道も同日にアップデートされました。

シーズン2の開始と12亀裂の実装

シーズン2開始と12亀裂が実装されました。
12は海外版ユーザの情報によると出征戦闘力59000必要とのこと。
また、10回完了するごとに追加入場券が支給されるようになるみたいです。
※10回ごとに繰り返しもらえるみたいなので、ポイントカードみたいなもんですね。

追加入場券の話題が出るといつも気になることがありまして。

前シーズンの追加入場券の使用が制限されます。

制限が何を指すのかが気になるんですよね……

使用不可なのか?数枚で1回行けるのか?
さすがに書いてるだけでそのまま使えるってことは……

まぁ実装を待つか、海外版プレイヤーに詳細を伺うしかないのでしょう

以上です。

【黒い砂漠モバイル】ハドゥム実装に向けて①ブラックストーンの備蓄

お疲れ様です。
ハドゥム実装に向けてどれくらい保管したらよいのか?
について考察したいと思います。

ハドゥム装備の装備箇所

通常の装備と同様に・・・

  • 武器
  • 補助武器
  • ヘルム
  • アーマー
  • グローブ
  • ブーツ

の6か所です。

強化に必要なブラックストーンの数

必要なブラスト数と強化費は次の図の通り。
※極シャメルで計測

武器が2種類、防具が4種類なので……

最上級ブラックストーン(武器):3300個
最上級ブラックストーン(防具):6600個
シルバー10億(光原石の割引率が低い人は多めに)
あればとりあえず装備一式+40が揃います。

その後の強化について

+40にした後は装備覚醒や刻印がありますが……

運ゲー要素が強いため必要数が見積れません!

最後に

上の分だけ残してあとはサブの強化に使って家門強化しようと思いました。

【黒い砂漠モバイル】狩りしながらワールド経営ってできるの?

お疲れ様です。
先日、狩り状態を継続したままワールド経営はできるの?って会話がありました。
人によって認識が違ってるみたいなので整理します。

現在の日本版仕様

下の画像は、10月23日の日本版アップデートの詳細の記載内容です。

文字での説明の真ん中あたりに

※「討伐」や「古代遺跡」、「勇猛の地」「ワールド経営」等のコンテンツでは、同機能による「自動狩り」や「自動採集」は行えません。 [10/29 11:51 追記] 

と記載があり、「ワールド経営」では自動狩りはできません。

現在の韓国版仕様

韓国版は同時進行機能を3回アップデートしています。

6月20日 1次実装

1次実装の時点では、闘技場とラモー戦場のみ同時進行可能でした。
(領地は同時進行できません。)

6月27日 2次実装

2次実装で領地利用とワールド経営を同時進行できるようになりました。

7月19日 3次実装

ハドゥムでの自動狩り中に闘技場とラモー戦場、領地利用が可能に。
・・・「ワールド経営」は?

現在の台湾版仕様

細かいことは省略しますが……

7月4日に韓国版1次と2次の内容を同時に実装。
狩りを継続しながら、闘技場とラモー戦場と領地利用とワールド経営ができるように。

7月30日に韓国版3次の内容を実装。
ハドゥムで狩りをしながら闘技場とラモー戦場と領地利用ができるように。

結局のところ・・・

日本版だけ狩り継続しながら「ワールド経営」できないだとおおおおおおおお

とんでもないおま国仕様じゃねえか

日本版の同時進行可能コンテンツに「ワールド経営」追加はよ!

以上です。

【黒い砂漠モバイル】模擬拠点戦が来るぞ!?

模擬拠点戦が1月に実装されるらしい。

開発コメント見た限感じの利点は…

  • 通常の拠点戦と同じように兵器は使えそう
  • 各拠点戦会場で模擬戦ができ、地形の確認もできる

拠点戦だと練習しづらい大砲、像、魔力弾といった兵器の練習や仕様の確認によさそうですね。